さばかりの事

止せ止せ問答 とある人間のブログ

1年という月日。3ヶ月という月日。

彼女と喧嘩してから三ヶ月たった。

3日3週間3ヶ月経ったらそしたら人間は落ち着くという。今日、友人と歩いていて、後ろからカツカツ。下駄の音。追い抜いて見覚えのある扇子に思わず「仲間か」と呟く。見覚えのあるリュックと見覚えのある短髪に気づく。喧嘩した彼女(浴衣姿)だった。

ハッとするも友人の手前、平静を装う。

気づくと彼女は路地に入ったのか視界からは消えていた。

 

彼女の帰り道は二通りあってなかなかこちら側を使うことはなく、もしかして俺のあとをつけてきたのかと思った。彼女の事を店に入った後友人に話したが、何方かと言えば友人がそのことを気にした。どんな会話をしているか聞かれたかと(大体していたのは卒論とかの話だが)自分は知らない所で有名らしいから、と。そんな事を思っていたのかと、言わなきゃ良かったと思った。

最近友人に対してそういう事(彼女の事を話すこと)がいっぱいある。彼女と居た時は、まったくそういう話は出さず友人は彼女の存在も知らなかったと思う。大体、彼女と友人はまったく考え方は正反対だし合わせようとも話をしようと思ってなかった。

ただ最近思うのだ、友人も俺以外の友人が居ない。正確に言えば、授業とかで一緒に昼食べたりとかはあるけどそれ含めないでどっか行ったり飲みに行く人間俺以外いないんじゃない?と。いや、俺と違って友人は好かれる人間だから多少はいるのだけど。

そして、時々友人は言うのだ。

私、恋人とかいらないかな、友達とかいればそれで、どっちかっていうと同性愛入ってるかも。と

その時は酒も入ってたし、ふーんとしか言ってなかったけど。流してたし、互いに父親が糞だから結婚なんて墓場という認識しか無かったけど。

ただ、明らかなそういう認識は私は喧嘩した彼女に対してあったんだけども。

でもきっと、友人はそれを知らない。もしかしたら、薄々は気づいてたかもしれないけれど。

だから、そういうカミングアウトって単純に俺への信頼なのか告白なのかわからない。

そう、友人の中でその対象って好きになるぐらい一緒にいる存在って俺ぐらいしかないんじゃないって。聞いてみるのも怖いけれど。

ただ前にも、俺が彼女の事で相談しようとした日に先にその話をされて俺は何も言えなかったことがあるんだよな…

 

友人と一緒にいるのはかれこれ二年半だ。1年の時に運命的に出会った相手が友人だ。まぁ、その中で1年間彼女と共にいたお陰で一時期あった後にもう一人と会うという板挟みになりつつも上手く付き合い遂げたけども。自分の身が二つ欲しいと初めて思った。

 

人間、一年その人と一緒にいる、寝食を(今思えば無理矢理だが)共にするというのはあまりに誰かを知り過ぎる。その癖気持ちだけはわからない。その人の好き嫌い、思い出、

 

そう思い出、重なり積もりすぎた思い出。スーパーで油揚げ一つ買うのに苦しくなる。好きだったとか、買ってったとか。

普通を装っても、どこか胸の奥でする痛み。そして、気持ちに気づけなかった、横暴による後悔。

独りよがりな幸せの代償。

昔味わったこの感覚。

あの時よりは明らかに認識していたことと行動範囲の拡大と有り余る時間の余裕により、昔より傷跡は深い。(あの時はそれ以外の大変なこともあったけれど)

彼女も味わっているのだろうか、なんては思うがきっとそんなことはない。彼女はそんな性格じゃない。ところどころ傷つき過ぎて狂っていただけの、それでも優しい人だったと、思っている。結局は似たもの同士だった。それだけの事、と言えたら良かったのだ。

幸せにやってるのなら、それでいい。

(嘘つけ)

ただの過去に胸が痛むのは俺だけでいい。寧ろ俺だけだろう。

彼女にとって私なんかは何でもなかったただの金魚の糞だ。迷惑な目障りな金魚の糞だ。

 

ただ1年のあまりに楽しすぎる月日が、恋をしていた身勝手な時間だけが、けして美化なんかしちゃいけない最低な日々だけが私を苦しめている。

苦しんでいるのは、成長している証拠だとか言うらしいが、そんなの構ってられるか。「死にたい」と「死にたい訳じゃない」が、脳が思い出す度、口に出る。

許されたいのかもしれない。

叶わない願い事だけど。

許されたいだけ。

そう、許されたいんだ。

 

彦星様と織姫様、聞いちゃくれねぇだろうなこんな浅ましい願い事

f:id:tanato46:20170707220952j:image

(どうでもいいけど、この月の方向に彼女の家がある。撮ってるのもよく二人で来てた家近くの公園だ。一年前彼女は浴衣姿の女の子見たいなぁって言ってたけど参加する側になったとはね。本当に気持ち悪いなあ俺は(笑)

はぁ……逐一覚えてんの嫌だよ)