さばかりの事

メンタル弱めな喪女大生の記録

いつか当たり前じゃなくなること。

以下、謎ポエム。

 

 

 

 

お気に入りのサークルKの予告を見て考える。

来週にはここがファミリーマートになっている。

あわあわのお風呂に入って考える。

もしかしたら来年の今頃は実家に帰ってこんなお風呂に入れなくなっているかもしれない。

友人と飯を食べながら考える。

確実に来年には大学卒業して一緒にいられなくなる。

友人宅で足を捻って考える。

もしかしたら事故に遭って明日から自分の足で歩けなくなるかもしれない。

かけた奥歯を磨きながら考える。

もしかしたら放っておくと大きな虫歯になりえないか。

天皇陛下が体調崩されて、歌丸師匠が亡くなって考える。

もしかしたら明日には平成が終わるのかもしれない。

連日の暑さで救急車を見て考える。

うちの婆さんも死ぬかもしれない。

青森の地震の情報を聞いて考える。

もしかしたら明日、大地震が起きて死んでしまうかもしれない。

死ななくてもいっぱい死体を見たり、それまでの生活が一変するかもしれない。

人が死ぬ悪夢を見て考える。

今思えば非現実的で滑稽。

朝起きて自殺のツイキャス映像を見て考える。

私もあんな風に死んでしまうのかもしれない。

死にたいしんどいと思って考える。

私が死ぬまできっとこんな風に考えて治ることは無い。

鬱になってなんかなれないと言う親のことを考える。

どちらかが死ぬまできっとあんな風に考えて治ることは無い。

男の人を見て考える。

いつか私も結婚するのかもしれない。だけど、他人と分かり合えるのだろうか。

子供たちを見て考える。

いつか私も誰かとの子を宿すのだろうか。その時はちゃんと寄り添ってくれる人だろうか。

 

私もいつか死んでしまうのかと考える。

その時はきっと死にたくないと言っているのだろうか。

 

目覚ましをセットしながら考える。

明日は当たり前の明日が来るんだろうか。