さばかりの事

止せ止せ問答 とある人間のブログ

続・女の色

 

今日、午後からの講義で

一日わりとぐうたらしていた

勿論部屋からぎりにりまで動かずにいた。

だから講義の前、余裕無しに急がなきゃと早足に教室に向かった。

 

校門のあたりで

喧嘩したあの子に似た子を遠目に見た。

 

冬のような寒さの中。

黒いコートにピンク色のインナー。

 

顔を合わせたくないから、その瞬間後ろも振り返らず走った。

 

走りながら舌打ちした。

 

気に食わなかった。

あれだけ男になりたいと言っていて、それでいてそんな女めいた色を着るのかと

何でピンクなんか着るんだと舌打ちを走りながらもう一度した。

 

 

さて、あの子は本当にあの子だったのだろうか。私は何に舌打ちしたのだろうか

 

人間はよく矛盾を孕むものだ。この前、私はピンクを身につけた男性にガチ惚れしたというのに。

女の色 - さばかりの事

 

それならばピンクを身につけたあの子も許すべきではないか。今冷静に考えれば

 

でも、あの時舌打ちした私の存在も事実なんだよな…と、自分自身を許せぬ私がいる。ふむ

 

もやもやするので今夜は寝よう