読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さばかりの事

止せ止せ問答 とある人間のブログ

五月蝿

五月に入りました。

相変わらず、実家に帰りましたが

しんどい。

 

別に家族の中が良くなっているわけでもなし。

 

成人式をやってきた。あの30分の為に俺は2時に起きたんだ。睡眠時間3時間ですよ。(前日に習字の恩師に会ってきて募る話もあって帰ってきたら夜8時だった。)

まず、ヘアメイク会場(宴会場)で一斉にメイク。その後、着付け。明らかにもう希望がない場合はゴリ押しを感じた。そんなん、ある訳ねえよ…。というか前撮りの時に自分は化粧も似合わない人間だなと思ってたので本当に辛かった。

思わずコロシテ…とLINE友達に打ってしまったほどだった。正直、本当に逃げたかった。

その中で女の子って生きづらいなと感じた。つくづく感じた。なんか違うんだよという。

着付けの最中、隣の子の着付けの方が仕切りにその子を細いだの姿勢がいいのだの褒め倒すもんだから、隣の私はいたたまれなかった。丸太のような私。それでも、斜め前の子(背の高い洋服映えするタイプ)がシンプルなデザインの着物を着ていて細くてゴツゴツしていたという印象を持った。その点、豪華な柄を見せるには丸太の方が丁度いいのかとも思った。

ずらりと並べられた振り袖の箱に高校時代の旧友の名前があった。彼女は私が言うほどのマイペースだが、何だかんだ他の子が助けてくれるという才能の持ち主だった。会えたら良いなと思いながら、着付けを終え、迎えの車に乗り帰った。

朝焼けが綺麗だった。

 

家に帰り作りかけの付け爪を作る。

眠れないのは辛い。

好きなアニメを見て耐久した。

後、母に髪型を直してもらった。(明らかにあれやっつけ仕事だろ、夜会巻きってあんなUピンぶっ刺すものなの……)

髪型が膨らませると全体的にぼんぼんになるので(もう十分身体が膨らんでるので)夜会巻きみたいな髪型にしてもらった。結局、前にあの子と買った簪は使わずに、休日前に買った千円くらいのシンプルな玉簪と当日前夜に作った(母のゴリ押し頼みで作った100円ショップ頼みの造花で作った)バレッタでやった。

簪屋さんの店員さん成人式は和装だから造花ダメとか言ってたからツマミの簪買ったんだけど……それ押しで母に説明しつつそれでも作れと言われたから作ったら役に立った。まさか使うとは。

成人式会場では案外造花の子が多かったので一安心したが。(尚、茶髪のアップでフワフワお団子の子多過ぎて送迎してくれた父が皆キャバ嬢にしか見えないと言ってた。確かに髪型イメージ似てるけども。(父は観光地のウェディング撮影もキャバ嬢という失礼な人間である))

そんなこんなで時間になり会場へ。

f:id:tanato46:20170509180501j:image

知り合いがいると嫌なので、こういう時に人の顔が認識出来ない程度の視力っていいなと思った。見えないふり、見えないふり。

適当に席につき(勿論ぼっち)、LINE友達に逃げたいと打つ。

式が始まった。目の前の女の子(首すじが綺麗で独特の髪型(アップでなくて縛って巻いてた))が何回もガクガクと落ちる。どんだけ眠たいんだよ。とか思った。

式が終わった。一息ついて目の前のうつらうつらしていた女の子が私に話しかけてきた。高校時代の旧友だった。唯一、自分と何も無かった親友。女の子の方が好きかもしれない、と小学校時代の私の話を聞いてもただただ肯定してくれた旧友だった。その子と分かった瞬間、彼女の名前を呼び手を取ってなだれ込んでしまった。多分彼女は中学時代の友人らと一緒に居たのだろう。ごめんね、周りの子達。懐かしすぎて縋ってしまった。久しぶりにあの二文字の名前を惜しげも無く呼んだ。ずっとこう呼びたかったんだろう、この1年間。あの子と同じ名前の旧友。

この後どうする何かあるかと聞いたら、帰って寝ると彼女は答えた。

ああ、そこは変わっていない。高校時代、授業中、充電が切れるほど携帯で創作小説読み居眠りしかやってなかったようなお前が確かに見えた。

そうだよな、眠いよな。と答えて、相手は私の中学を聞いた。別々の中学だから。

そうか、中学違うんだと答えて(その日、彼女の中学には同級会があった)とっさにLINEだけ交換した。周りの子達のなんだお前という目と彼女が同中に語りかける目で少し寂しくなった。その後、人混みの中さよならも言わずに別れた。高校時代最後の日もこうして別れたんだ。それから音信不通で、また縁があればいつかまた出会うだろうと。今回もそう思ってわかれた。

酷くさっぱりしてふわふわとした性格の友人である。人との付き合いは私の場合はこうあるべきなのかもしれない。高校時代、彼女に恋心は抱かなかった。(彼女が綺麗だという噂を自分のクラスで聞いて嬉しくなったことはあった)確かにそこに信頼関係はあった。中学時代、あんな事があった私に出来たまともに私と取り合ってくれる友人、というよりも落ちこぼれの類友だった。馬鹿もやったし、割と際どいこともした(何も無かったから笑える)。それでも、そこに恋はなかった。信頼だけだった。そして、彼女には環境が変わっても裏切れない幼馴染の親友がいて、私とその幼馴染なら幼馴染を取ることを知っていた。だから、カミングアウトも出来たのかもしれない。そん時もすんごいあっさりしていた。

成人式会場では、その会いたい唯一の人間に会えたのでそそくさと迎えの父を呼んだ。

会場前の広場は軽いパーティ会場となっていて、ノンアルコールのカクテルとか出されてた。ゴミを捨てようとしたら、先に一升瓶と缶ビールが捨てられていてお早いなと思った。

会場前で待っていると、白い羽織で決めた兄ちゃんが大きな音を出す車で大通りを通っていった。信号で止まったら、すかさず待機してた警察官が飛んでいった。いやはや平和だなぁと感じた。

 

家に帰って着物を脱ぎ(この時点で家族が揉める)、父に念願?の帯のあーれーお代官様をさせ(喜んでた)、母にこんなことも分からんのかねといつもの節を飛ばす祖母に手伝ってもらいながら着物を畳んだ。そして、頭から大量のヘアピンとUピンを排出させ、メイクを落として、昼餉を食べて寝た。

 

これが三日のこと。

 

次の日かねてより、長野に父と行く約束をしていたので父を起こし長野へ。

もう何度も通っている道で父の運転も慣れたものである。

目的地は戸隠。新潟県から行くので、上信越自動車道信濃町で降りる。この手前の上越あたりが一車線及び海無し県長野県民の海への道なので、行楽シーズンは混む。あの辺、曲がると春日山城の下通るのね。帰りはそっちだったけど。

朝行ったにも関わらず既に駐車場は満杯。その手前の水芭蕉のハイキングコース駐車場で止まったからそこから歩いてけばよかったんだけど。

f:id:tanato46:20170514022410j:image

f:id:tanato46:20170514022450j:image

珍しく戸隠奥社を素通りして(いつもそこで鴨南蛮蕎麦を食べる。五臓六腑に染み渡る味らしいが私には四臓六腑であると思う)

道には雪が残り涼しかった。

というよりもTwitterで雪があると知っていたので雪を見に行きたかった←

 

そのまま、下って鬼無里へ。

長いので一旦ここで切りますね。

続きは五月蝿その2

 

事情聴取 その後

事情聴取されてきた。サークルの仲間に。

 

どうやら話を聞いたところ、彼女がその事情聴取(何故か私が行ったときには大勢が散り一人になってた)をした男に相談を持ちかけたらしい。仲直りした方がいいかと聞いたそうだ。

まぁ、そらその状況で仲直りしない方がいいという輩も少ないと思う。彼女的にはサークルに新しく来る一年の為に仲直りしたいとのこと。俺の為じゃないのな。

 

まぁいいや。会いたくねぇなぁ。

どんな顔して会えばいいのさ。

一応、そいつを置いて彼女と話し合うことは許したけどさ。本当のことだけれども、忙しくてゴールデンウィーク前は出来ない。

 

そして今は、宅急便の荷を作り、1週間ぶりに彼女のLINEに手をつけた。受け取れる日時と、そして自分も取り乱して悪かったと謝った。恐らく、1週間ぶりだ。相手が謝っても反応無かったから相談したのだと思う。

 

正直こちらが狼狽えている。

彼女がそんな人に相談することなんてことはこれまで無かったからだ。彼女は割とこう決めたらこう、というところがあった。

 

今回、サークルの人間に彼女との関係を話した。彼女が友人と私を捉えていなかった事。割と合わせていた事。結構話した。

驚かれた。サークルの人間には仲の良い友人だと思われていた様だった。

 

そうさな、友人に普通は見えるはずなんだよ。彼女にはついぞそんな認識されなかった気がするけれども。

 

そんなこんなで、荷物にちょっとした謝罪文を添えて送った。

 

 

 

事情聴取

月曜だ。嫌でも人間は学校職場に行かねばならない。例え、隣国が本土を沈没させるぞと言っていても。

 

土日サークル部長から連絡があった。

喧嘩した彼女と仲直りしてほしいと。

 

そう、彼女気にしてるんだ。

気にしなきゃいいのにね、私程苦しんでなどいないくせに。

 

他人の苦しみは絶対に理解できないんだよな、互いに。

 

しかしあれだ。サークルの上はお節介だ。ほっといて欲しい。

それよりも幹部中の仲が悪い方をなんとかしろよ情報伝達行き渡らない方が怖いんだよ。俺はそれを痛いほど知ってる。

俺らの不仲なんて大した事じゃないだろう?

 

喧嘩したのは価値観の不一致なんだから簡単にそうそう良くなるはずがない。今まで合わせてきたのだから。

それが慣れて私の素が出ただけなのにさ。お互いにさ。

仲直りなんて虫のいいこと出来る?

 

どんなに仲のいいバンドだって価値観の不一致で解散することもあるのにな。

 

まぁいいや、証人喚問もとい取り調べ受けてたとうじゃないか。

 

どうせ、あんたらあの子を愛したこともないんだろ。まさか、あの子を助けようなんて魂胆で俺を呼び出そうとしているんじゃねぇだろうな?

好いた惚れたの感情で。

 

前にそんなふうに人を好いた目はサークルで見たからさ、あの子に対するものを。

彼女がどんな性格過去を持ってるかも知らないで、

少なくともあんたらよりは私の方が知ってるんだよ

で、その私がその方が彼女は幸せになると言ってるんだから

 

馬鹿じゃねぇの。

あの子がどんな事を私に言ったかも知らねぇで。

 

追記

 

見に行くと何で数人いるんですかね男子1対1にしろよ卑怯だぞ

さて予鈴なったし行きますか

後日談

相談室のお姉さんと話してきた。

とりあえずこのまま現状維持で距離を保つのと、少しずつでいいから手入れすること。

あと、初めて自分がタナトに近くてそのせいか宗教学哲学民俗学に興味があること。おそらくその振り分け幅がおかしいこと。初めて人に話せた。

ずっと誰も理解してくれない、軽くあしらわれるだけだと思ってたから話さなかったけど。

 

あとブラック部活の存在と退部したことで大学に絶望を抱いていることも話せた。

 

人に話せただけ、収穫かなと思う。

死生観が強いのは、目に見えないことだからねぇ。あんまり理解されない事だと思っていたからねぇ。

神は死んだと思えたら、次のステップ進めるんだろうけどね。

 

最近、強い興味があるのは日本の神様なんだよね。神に人格を持たせるの楽しいからねぇ。日本の神様は、人間に認知されることにより神でいられるわけだからね。

 

あの頃

今日は12時間寝た。

そんでもって動き出したの7時だけど。

 

夢、あの頃の夢を見た。

今はどうしているか知らないあの2人の友人だった彼女達と小学校時代の遊ぶ夢。定期的にそういう夢は見る。なんかもう、その夢を否定とかそういうこと関係なくなってきた。受け入れているのかもしれない。でも夢に見るということは、心の底で何かあるのだろう。それは分かっている。

 

今日、喧嘩した彼女からLINEが来た。預けている荷物の返却について。また、あと言いすぎてごめんという話。

まぁいつか返さねばとは思っていたから顔を合わせたくなければ着払いでもいいと言ってくれたのは、とても有難かった。

近日中に梱包して返すつもりだ。勿論、元払いで。本来ならば、手渡しで返さねばならんくらい彼女の大事なものだからだ。

 

あと、ごめんと言われたのは既読だけつけて返答していない。なんだろう。少し疑心暗鬼でこちらとしては仲直りできる気がしないしするつもりも無かった。当分、距離を置こうと思ってたし、向こうから謝られるなんて思ってもみなかったからだ。あの子が自分から謝るなんて、槍が降るかという驚きが大きい。こちらこそ謝らなければ、沢山我儘言って傷つけていたのに。

 

でもとりあえず今はなるべく考えたくない。逃げだけど。そろそろ記憶にかさぷたが出来そうな頃だった。

あれから、彼女のTwitterも見てないし何を言ってるかもわからない。どう感じているか。これ以上、私と関わる事で傷つけたくない。

 

あと、少しムカついた部分としては、謝るのならば荷物を返して欲しいという前に謝るべきではとかも思ってしまったのも事実だ。追記みたいに後付けで言われると少し悲しくなる。

 

大塚愛「Cherish」

大塚 愛 / Cherish - YouTube

(端末によっては見れないっぽいのでiTunes貼っとく)

Cherish

Cherish

  • 大塚 愛
  • J-Pop
  • ¥250

Cherish 大塚愛 - 歌詞タイム

久しぶりにこの歌を思い出した。小学校時代の頃に好きだった歌。大塚愛さんは、明るい歌だけではなく実は結構暗い歌も歌っていらっしゃったりする。

あの頃からメンヘラだったのかもしれない。三つ子の魂百までとはよく言うもんで笑ってしまう。

 

  あなたのそばにいれたことは幸せだったよ

 

例によって生きてた

例によってミサイルは未だ落ちてこない。

 

久々に寝不足と寝溜めの繰り返し。いつものことだったか。

今日は昼2時に起きた。

朝の5時に寝たからだ。結局昨日はあれだけあの寝不足(その前に1日寝溜めして変な時間に起きたというのもあるが、あの後1時間くらいしか寝てられなかった) なので夜9時に事切れて起きたら深夜1時そっから5時に寝て昼2時に起きるところまで行くわけだ。

 

今日は回転寿司に行った。こっちに来て初めて行った。行ったのはくら寿司なんだけど、新幹線と寿司のカバーには驚いた。あとサイドメニューの多いこと多いこと。

 

冷蔵庫に炙りサーモンの切り落としと鯨肉の柵が入ってんのに、食べ過ぎた。

まいいか。

 

とりあえず、生きててよかった。

なんだ脳ミソ違う意味で溶けかけてるからもう寝よう

日本全国酒飲み音頭

日本全国酒飲み音頭

  • バラクーダー
  • J-Pop
  • ¥250

 

f:id:tanato46:20170417021406j:image



 

死にたくない

 

クソ頭痛い。
気圧で死にそうなくらい頭痛い。
眠れない。

ここで死んでしまうのはあまりにも悔しい。
明日、東京にミサイルが落とされるかもしれない。戦時中は人間としておかしい。。だが、それが人間なのかもしれない。
 
それでも、空襲警報に慣れた彼らの耳は、津波警報に慣れた今亡き耳は、
地震に慣れた彼等の身体は、
ミサイルのニュースに慣れた我々の体は、明日どうなってしまうのだろうか。
 
明日、この街が火の海になり死の灰が降るという可能性があるという事態。


父の、お前が生きてる間に地獄絵図を見るという言葉。死にたくねぇ。
タナトを患った私には恐怖でしかないのだ。そこまで私は強くない。

助かったとしても一生引きずって
そんな強くない。
 
メンヘラ女のリストカットに、
構ってちゃんへの対応に、
ブチ切れた人間の

さっき、テープで半殺しにした小さなゴキブリに、可能性に。
全ての可能性が怖くて。
何かもうしんどい。

身動きできない。
死ぬまで戦う。死ななければ、
いや、勝ち負けなんかありゃしない
勝てるわけがない
だが、闘わなければ

死ぬ、とか、自殺、とか、くだらぬことだ。負けたから、死ぬのである。勝てば、死にはせぬ。死の勝利、そんなバカな論理を信じるのは、オタスケじいさんの虫きりを信じるよりも阿呆らしい。

 人間は生きることが、全部である。死ねば、なくなる。名声だの、芸術は長し、バカバカしい。私は、ユーレイはキライだよ。死んでも、生きてるなんて、そんなユーレイはキライだよ。
 生きることだけが、大事である、ということ。たったこれだけのことが、わかっていない。本当は、分るとか、分らんという問題じゃない。生きるか、死ぬか、二つしか、ありやせぬ。おまけに、死ぬ方は、たゞなくなるだけで、何もないだけのことじゃないか。生きてみせ、やりぬいてみせ、戦いぬいてみなければならぬ。いつでも、死ねる。そんな、つまらんことをやるな。いつでも出来ることなんか、やるもんじゃないよ。
 死ぬ時は、たゞ無に帰するのみであるという、このツツマシイ人間のまことの義務に忠実でなければならぬ。私は、これを、人間の義務とみるのである。生きているだけが、人間で、あとは、たゞ白骨、否、無である。そして、ただ、生きることのみを知ることによって、正義、真実が、生れる。生と死を論ずる宗教だの哲学などに、正義も、真理もありはせぬ。あれは、オモチャだ。
 然し、生きていると、疲れるね。かく言う私も、時に、無に帰そうと思う時が、あるですよ。戦いぬく、言うは易く、疲れるね。然し、度胸は、きめている。是が非でも、生きる時間を、生きぬくよ。そして、戦うよ。決して、負けぬ。負けぬとは、戦う、ということです。それ以外に、勝負など、ありやせぬ。戦っていれば、負けないのです。決して、勝てないのです。人間は、決して、勝ちません。たゞ、負けないのだ。
 勝とうなんて、思っちゃ、いけない。勝てる筈が、ないじゃないか。誰に、何者に、勝つつもりなんだ。
 時間というものを、無限と見ては、いけないのである。そんな大ゲサな、子供の夢みたいなことを、本気に考えてはいけない。時間というものは、自分が生れてから、死ぬまでの間です。
 大ゲサすぎたのだ。限度。学問とは、限度の発見にあるのだよ。大ゲサなのは、子供の夢想で、学問じゃないのです。
 原子バクダンを発見するのは、学問じゃないのです。子供の遊びです。これをコントロールし、適度に利用し、戦争などせず、平和な秩序を考え、そういう限度を発見するのが、学問なんです。
 自殺は、学問じゃないよ。子供の遊びです。はじめから、まず、限度を知っていることが、必要なのだ。
 私はこの戦争のおかげで、原子バクダンは学問じゃない、子供の遊びは学問じゃない、戦争も学問じゃない、ということを教えられた。大ゲサなものを、買いかぶっていたのだ。
 学問は、限度の発見だ。私は、そのために戦う。

これは、坂口安吾の『不良少年とキリスト』だ。元々、太宰治の自殺について書かれたのだが、後半はこんな感じだ。

だから、私は生きなければならない。

 

頭が痛い。

明日生きていたら、まともな思考になれたら詳しく書こうと思う。

生きなければならない。ただ、これだけ。

 

誰かのせいで死ぬ。

意味わからねぇ許せねぇ…頭いてぇ

とりあえずもう今夜は眠らねばいけない

朝がくる。

嫌だ、死にたくない。

死にたくないよ

ミサイル

ミサイル

  • amazarashi
  • ロック
  • ¥250