さばかりの事

メンタル弱めな喪女大生の記録

1年

明日でブログ始めてから1年

つまり、あの子と喧嘩してから今日で1年ってことです。もしも一年前に戻れるとしたら両者とも殴ってますね、はい。

 

仲直り出来る気もしないです。

もうなんか全員馬鹿野郎です。

 

もうなんかデフォで死にたい。

死にたいというか、息をする様に口ずさむ様に死にたいとしか言えない。昨日から。いやそのずっと前から。なんだこれ

 

なんだこれ

涙も出ないけど

独りぼっちな感じ

 

つらい

 

何が不満なのか分からないけど死にたい

 

やりたいことがわからない。

 

昔の夢に縋って生きている様でならない。

 

ある意味自分の為だけど。

昔の自分の夢の為に生きている。

もう、私は殆どの夢を叶えてしまったから。

 

生きる目標が無いのかもしれない。

 

22歳、女

今日もぼんやり息をする

今日もゴロゴロしながら生きる理由を探るべくGoogle先生に「生きる理由」を聞いている。BGMはピノキオピーだ。

 

すると、まぁなんだ。Yahoo質問版やら坊さんの質問版とかに引っかかるわけで。

てなると、何かそう、生きる希望やら何やらに疑問を持つ人の身の上の年齢を質問者が最初に述べるわけだ。

すると、今日だけで「22歳、女」と2件くらい出てきてしまった。あわよくばそんな彼女は就活生だ。

 

因みに私は早生まれでこの前21になったばかりだ。まぁ、遅生まれが羨ましいのである。気持ち的に中卒高卒の同年代が働いていたりすると、死にたくなるのである。なんか生きててごめんとか言いたくなる。というより、言ってしまって親に怒られたことがある。あの時の親の怖さは忘れられない。そんな親に最近は同年代の子が必死に働いているのにお前は親の1万円札を出すと言われれば一溜りもない。また母親にあんたには期待してないから、とか、その癖子供だけは産んでとか、言われるの。こんな俺の遺伝子残す方がよっぽど怖ーよ危ねーよ。まじこの世の地獄か。この世が地獄か。

 

話は戻せば、22歳女就活生。私ときっと学年は同じなんだと思う。悩み安い年頃なんだと思う。だってまだ、それしか生きていないし。これからあと何十年結婚して子供を産んで離婚したり色々旦那の親の面倒とか見させられるのかもしれない。ふと、それだけ考えると。何で生きてるんだろう、と思う。何で弊社を受けようと思ったんですか、の返答のアレさに近い。趣味がある人はいい。推しへのお金とか貢げるからって答えられる人は。いや、何となく生きてて何となく気になって何となく受けました、って人はどうすりゃいいんだ。いや、何となく受けたら落とされるのは分かるけど。それしかないんだから仕方ないじゃないか。何となく生きるためにお金が必要で、社会からの目とかのために働きたいんだけど、それに理由なんてあるのか。てかくっつけられるのかな。だって、何故生まれたのかもわからないのに何となく生きていて、死にたくないから生きるだけなんだ。私の趣味、というよりもスマホ依存だってなんか生きて手指を弄るのに等しい。余程、DMMゲーとかアイドルゲーとか乙女パズルゲーとかより、海外ものの地味なパズルを依存でもするかの如くやっているだけだ。好きだったはずの学問よりか余程そっちの方に依存している。依存して生きる時間、残された時間を潰して現実逃避しているのだ。パズルしてる時だけ、自分が自分でないような気がする。それだけに打ち込んでいればいいから。その癖、出来ないステージは放置するわけで。

それに理由なんてあるのだろうか。

 

あ、この話に結論なんてないですよ。

 

まぁ、それでもきっと明日も何となーく生きてゆく。

そんな東京都、21歳、女。

 

 

 

 

遅咲き

3日くらい部屋に引きこもっていたら満開のソメイヨシノが散っていた。去年もこんなことがあったなと。しみじみ1年。

あの日は4月5日だったから、今年の桜は本当に早かったんだね。

 

何も変わっちゃいないなぁと思う。

相変わらず部屋は燃えやすそうに散らかっている。体重も変わっていないし。

相変わらず喪女してる。

 

ただ、思えるようになったのが一年前は私最高に幸せだったけど、それ以外の倫理がとち狂っていたことくらい。彼女は自殺しようとした人間を嘲笑っていたくらいなんだから。それってすごく悲しいことだ。だけど、それに一緒に笑っていた自分が1番許せない。

 

今年も桜をまともに見れなかったとバスに乗っていたら、八重桜が咲いていた。

 

遅咲きぐらいが丁度いいよな。

 

 

エルネア王国.13

 

国王交代

突然の薨去

とある日、王様が薨去されました。

騎士隊長室と王家の居室が隣なので朝の挨拶しに行ったら王に黒天使がついてた。

f:id:tanato46:20180331151010j:image

f:id:tanato46:20180331151032j:image

友人でも無かったので特に何もなく。お仕事し終えて夜一刻に行こうとしたところ、夕4刻にベッドに居ないため探してみると。

f:id:tanato46:20180331151138j:image

王家の居室の面、玉座の間に居ると。慌てて外の玉座の間へ出る。何年、この玉座の間で王として生きてきたのだろうか。

すると沢山の人集りが出来ていました。

慌てて話しかけるも、会話数が少なかった為友人にはなれず。

f:id:tanato46:20180331151322j:image

友人になろうを断る会話。これはあれですかね、あの世でお話しましょう的なあれですか。

この後すぐ王家の居室に行ったけれども夜一刻になり時すでに遅しで、死目には立ち会えず。

ただ最期まで人がたくさん会いに来ていたのも人望ですね。

 

翌日、朝2刻葬儀。既のところで間に合わず。

旦那さんとかは全然喪中ショック受けずに、幼い子供達だけ喪中のショック受けてました。そうだよね、この人は王様である前にお母さんだものね。

f:id:tanato46:20180331153751j:image

ライバルのレーナさんも王室出身だったもんね

 

王室をここで整理してみると

f:id:tanato46:20180331152022j:image

亡くなった王女はミリー。

その長子としてボリスがいる。ボリスは一般人との間に子供が二人いるが、クリスピンの詳細には生徒、アニータの詳細には王子となっていた。なお、レーナからフランシス達までの王子は先王子の表記に変わっていた。

ボリス・エーヴ夫妻と子供達は一般人居住区に住んでいたが王家の居室へ引越し。世帯持ちのレーナ、リナ、アイヴァンは変わらず一般人居住区。トマスと幼い子供、フランシスは王室居住室に残っている。成人を迎えたばかりのラザールはこの期に独り立ちしたのか王家の居室を出た。アイヴァンが結婚するまで長きに渡り性格遊び人としてずっと居室に居たのにな。ラザール優等生だしな。

 

戴冠式

王が亡くなった次の日の昼一刻に玉座の間。

その場には居合わせたのですが、参加しますか、の選択肢が出てきたということは騎士隊長も強制参加イベントではないのかな

 

f:id:tanato46:20180331154539j:image

f:id:tanato46:20180331154556j:image

f:id:tanato46:20180331154907j:image

f:id:tanato46:20180331155003j:image

f:id:tanato46:20180331154616j:image

f:id:tanato46:20180331155057j:image

f:id:tanato46:20180331155206j:image

f:id:tanato46:20180331155057j:image

 

地味にエルネア王国はこういう王国運営の台詞回しがかっこいいんですよねぇ…

 

f:id:tanato46:20180331155618j:image

f:id:tanato46:20180331155520j:image

f:id:tanato46:20180331155545j:image

 

f:id:tanato46:20180331155639j:image

 

f:id:tanato46:20180331155737j:image

敬礼私しかしてなくね?

えお前ら忠義心が足りんぞ

 

てな感じで新国王誕生しました。

いい区切りなのでそろそろ騎士隊やめたいかな

今日は19

f:id:tanato46:20180331160012j:image

17日国王死去で18日戴冠式

星の日は明日。どうせなら星の日にプロポーズしたいから、お仕事やってやめたらキリいいんじゃないの。

 

次回は騎士隊やめてプロポーズを目標に進めていきたいと思います………(退任服取り寄せたらあんまり良くないお知らせを酒場のねーちゃんがした気がするけども)

なんとか

生きている。なんとかあれから生きている。

何故あんなに前回のブログで荒れてたのか。今なら少しは冷静に分析できようか。

 

前回のブログの内観

一体何があったのかと、はてなブログの下書きの一覧を見ると前回の前後にいくつか家族とふわふわの不和な下書きが積み上がっていた。中身はあまりにクソな愚痴で多分公開することは無い。

 

簡単にあの時、何があったかというと我が家の日常ではあるのだが

父が酒を飲んで暴れた。あんのアル中が

最近お仕事が順調なようで、ことある事にカネカネと言ってくる。お大臣様というような絵に書いた悪役というのは、あんなに傍から見れば気持ち悪いのにそれに気がつかない人が本当にいるのだと分かる。馬鹿なのかな。

あと母と分かり合えなかったり。いつもしないけれどお手伝いしろと言われるから、お手伝いしたのが全部裏目に出て褒めること無く文句言われてやってられるかというような状態だったので。

我が家は本当に精神弱い人への理解がない。

精神が弱い人というよりも傷つけられた人へのと言った方がいいのかもしれない

あんたらのおかげで私がどれだけ歪んだとしても、あんたらはまたそれを何でうちの子に限ってと他人ヅラするから。

それでも簡単に親のことを子供は嫌いになれないのだから、共依存ってしんどいね。

 

それも口から文句を垂れ流すババアが短期入退院したりとか何とかで両親の息抜きがされたのでまだ私が生きやすい状態になった。

昔から夜が来るのが怖いって完全アダルトチルドレンですね、はい。

 

あとは何故あんなに前回学校の教授に嫌われたとガクブル絶望状態だったのか、なんとなく緩やかに受け入れられてきた為に整理しておく。

 

事の発端は二月中、大学内バイトをしていたのだが、提出物の訂正でハンコ持って大学に来いと教授に電子掲示で言われていたのが(因みにその前の提出時にミスは無かった)、3月は元々こっちに戻ると決まっていたので時期の限定も無いし三月後半になって行けばいいや〜と思っていたら14日に明日来ないとお金貰えないの出来てください、と16日にこちらで解決したので来なくて結構です、とメールが来ていたのを16日に気がついたのである。結構です、って表現めちゃくちゃ怖くないですか。教授は勉強しない小学生の娘にそんな怖い感じのメール見せる人間ですのでね。4年の卒論面倒見てもらうのとか、実習の施設推薦とか積んだかなと思って3日くらいショック受けてたんですわ。

いや、もう次会ったらお手数おかけしてすみませんでしたとくらい謝ればいっか~と吹っ切れてきたんだけど、それが今の救い。人間いつまでも怒れないのが救いですよ。鬼の居ぬ間に洗濯。

ちょっと先のことを考えないように生きてみている、就活生としてあるまじき醜態ではあるけれど。

 

私、大学内の合同説明会で企業さんの前で原因不明に大泣きした人間なんで。学外の説明会とか行ける気がしない。とりあえずどうしたものかなぁ……あはは

 

あとね、大学入ったばかりはキラキラしていたのに今は擦れてしまったというのは、録画したモンスターズ・ユニバーシティを見たせいですね。私だって東京での生活、楽しみでキラキラしてた時期があったのにな……と、しみじみと思い出しただけです。

 

(てな風に前回の分析をしてみたけれども、この記事も結構正気の沙汰で書いてない気がする。)

 

ところで

この本、ほんと笑えねぇわ……

 

酔うと化け物になる父がつらい

酔うと化け物になる父がつらい

 

 

私も酔うと怪獣になる父がつらい
あと父と似たようなデートDVの男を好きになってしまうとか、同じような事を経験があるのでつらい

あと、つらいという言葉を他人に指摘されるまでつらいと思おうとしなかったとかつらい

人に言われて初めて自分がその感情を持っていたのだと気づくことは実際にあることなんで、
まともな感覚の人と出会うのは本当に大事な事だと家のお外に行くと分かります。

 

人間はもっとつらいって言っていいんだと思う。

 

だから、私はまともな語彙力が無いのでつらい。つらいって言わない人より頑張ってないけどつらい。

愚痴

東京で桜が二つ三つ咲き始めたそうだ。

あの子と一方的に喧嘩をして三日泣き続けボロボロになった時の自分の気持ちをぶちまけるために始めたこのブログももうすぐ1周年になる。

 

相変わらず人に嫌われるのが怖い。

大抵は自分のせいなんだけども。

今日はゼミの教授に多分嫌われた。

完成にこれは自分のせいなんだけども。

新学期が今から怖い。

 

人に嫌われるのが怖い。

人に見捨てられるのが怖い。

 

幸せになれる気がしない

 

そもそも幸せとは何だろうか

 

自分のせいといいながら

他人のせいとして

自己努力をしない他力本願

そう人に言うと貴方だって勉強してこの大学に行ったり免許を取ったんでしょと言われるが、とくだん変わったものじゃないでしょ

 

自分からしようとしたのかい

したとしても今努力してる訳じゃない

サボってるし一年の頃よりも擦れてしまった

 

ずっと大学入って痩せもせずこの体重だし

あの子に言われて気をつけた服装も鞄も靴も結局元通りになっている

 

 

自分でもよくわからない

ぶれないものが欲しい

いや、死なないということはぶれないものだけど

積極的に生きようという気がないから

駄目なのかもしれない

 

 

常世

何もしたくない

 

就活生の癖に、何もしていない。

本当に、してない。

しても何だか心を折られてしまった。

実家に帰った。

 

毎日せかされている。

うるさい。

 

親も何も知らないし、相変わらず社会の厳しさを説いてくる。それに関わらず私は失意の中だ。その癖全部親のせいにしている。

 

何もしたくない

どこにも行きたくない

誰にも会いたくない

どこかに還りたい

 

きっとそこは常世

 

そんな感じで、

今日もあの人の夢を見て

もうあの子はあの頃のままではないのに、

もしかしたら誰かのものでもあるかもしれないのに。

昔のあの子とデートする夢で

理想の人間をあの子は侍らせて

それが私と同一体だと分かった時、

一生懸命彼に戻ろうと呼びかけた。

そんな夢だった。

ココ最近、夢で京都に行ったり(大体夢の中はパラレルだから作りは違うが夢の中では一緒に近い)

そんな夢に逃げたくなることばかりだ。

夢の中は居心地がいい。

 

この前、折口信夫のことが書いてある本を読んで何となくだけど、彼の言うことは理解出来てしまって、赤っ恥で。

生まれがあれだとか、歪んでるだとか

密かなナルシズムだとか、

同性との別れとか、

同性襲って拒まれて嫌われた記憶とか、

なんだか私と被って恥ずかしくて仕方がない、

と同時に私の考えや理想をとことん極めると折口信夫みたいになるのかと思った。

それが1つの学問になる。

だけど、そこまで努力家じゃないし凝り性でもない。そもそもそんなので食えるのかと頭の中で声がする。

 

実家で録画された本能寺ホテルを見た。簡単に言うと出来る彼氏に流され結婚就職しそうな何にもやりたいことがない失業綾瀬はるか(教員免許持ち)が1582年6月1日の本能寺に行って、どこでもいいから社会科教員を目指す様に意思を持つ話。

そんなんで、一生懸命真っ直ぐにやりたいことに真摯に向き合えたならいいですよ。

私ならどうしてるだろう。

1582年6月1日の本能寺に行けたなら。

行ってしまったなら。

 

きっと私は何もしないのではないか。

でもやはり明智光秀に何で裏切るんですかと聞きたい。そもそも裏切ったのは貴方ですか、と。言葉が通じないとは思うけど。

あと貴方の生年月日が聞きたい。1528年生まれですか?本当に55歳?と

 

あ、それと森蘭丸が美少年かだけ、織田信長とはどちらが念者ですかとも。

 

あとでも、今の金平糖と当時の金平糖は形が違うからモヤモヤもするんだけど。確か信長のシェフはこっち

戦国グッズ専門店「戦国魂」本店 菓子・食品 復刻「信長の金平糖」