さばかりの事

止せ止せ問答 とある人間のブログ

嫌いなバンド

結論から言えば、嫌いなら見なきゃいいんですよ聞かなきゃいいんですよ

以下、メンヘラの世迷い言

 

中学でBUMP OF CHICKENを聞いて生かされ、

高1でRADWIMPSを聞いて生かされ、

高2でナノウの3331を聞いて生かされ、

高3でamazarashiとCoccoを聞いて生かされ、

大1でLyu:Lyuを聞いて生かされ、

大2でそれでも世界が続くならを聞いて生かされ、

最近はMrs.GREEN APPLEに生かされつつある私は、

この世で一つ嫌いなバンドがある。

セカオワである。

 

私は性格が悪いのでよく「セカオワ 嫌い」とサーチをかける。

 

何で嫌うのかと言われると難しいところだが、私がリストカット不登校が嫌い、というよりも羨ましいって蔑み思う心情に似ている。

 

昔ひと時、セカオワ音聞いていいなと思ったことがあった。ただ初めて彼らが歌っているのをテレビで目にした時、引いた。なんだか、ボーカルの目がイってる、そう思った。狂いきってしまっていると、そんな気がした。病みきってしまっている。

 

私は絶望のどん底からそれでも手足をふん伸ばして何とか生きている状態の曲が好きだったりする。(だからなんとなく最近のバンプやラッドは聞く気になれない。というよりも、何だか明るい層に好まれつつあるなと聞いてない。)

私も希死念慮はあるけど一度も自傷行為はしたことない。死にたいと思う以上に生きたいと思っているからだろうか。

 

だから、セカオワの聞いている人達を心情蔑んでいたし、嫌ってもいた。

 

ふと、Mrs.GREEN APPLEのことについて書かれてるサイトを眺めてたらポストセカオワと書かれていたのでそんな見方もあるのかと思った。へぇ、違うだろと思ったけれどもそれこそセカオワの曲は聴かないので、わざわざ聞きに行ってまた自分から不快になりに行くこともないと留まった。

 

また、セカオワ 嫌い でサーチしていたらとあるサイトに中高生はそれで救われているのだとあった

 

そうだ、例え奴らがガチのメンヘラであろうと無かろうと誰かを傷つけているわけでもなし、何処かの元横綱みたいに傷害罪をしたわけでもない。そして、救われている人間が一人でもいるのなら、悪いものでもないんじゃないか。狂ってようが無かろうが、不快になるんなら見なきゃ聞かなきゃいい事で、自分の好きなバンドが否定されたわけでもなし妨害されたわけでもなし。まぁ、この前秋田ひろむはギターで弾語りをしましたが。

ギターはいいぞ、最近隣の部屋の人がギター片手に歌うのうるさいけど。

そんなに目の敵にせんでもいいんじゃないかと思ったのです。これが今回のオチです。結論です。

そうです、別に隣人がガンガン音量で流さなきゃいい話だし、聞こえなきゃいいんです。そして隣が流そうと、それはバンドが悪いわけではなく隣人が非常識なだけ。そう、夜中に歌う隣人が非常識なだけ。風呂場で喘ぐのと歌熱唱するのはやめてください響きます。動画視聴とか曲流すのくらいなら私もやるのでいいけど、夜に金切り声するのやなんよ。アニメ見るくらいならいいんだけどさぁ…カップルの密事中の笑い声とかさぁ……あのさぁ虚しくなってくるんだよ隣の騒音は避けられないんですよあっちから寄ってくるんですよ

まだね、一度自分の好きな曲流されたのはなんか嬉しかったんですがね。

 

しかし、SEKAI NO OWARIは世界の終わりの最中からやってきた

amazarashiはあまざらしの最中からやってきた。空に歌えば、でやっと青空の下で歌った

 

セカオワは何処に向かうのだろうね

どうか一人でも多くの方を救えることを願う

 

 

哀しみ

ヒステリー球苦しくなってきたので愚痴らせてください

 

久し振りに車校に行った。

ええ、一度、ああきっとこの人生徒をストレス発散の道具にしているなと感じる教員に心が砕かれて呼吸できなくなってトラウマになったのを言い訳にして行かなくなっていたら、ご親切に車校が実家に手紙を寄越したらしい。

母親から鬼電が来た。

 

ヒステリー起こしかけた母親の怒声、

その中で、

免許取れないと一人前じゃないと

何故かそれを突き立てた

その後ろで父親が

免許取れないと[地元の特別支援学級の名前]だぞと言った。

母もそれに乗っかり[その特別支援学級の名前]だぞと言った。

 

悲しかった。

今も悲しい。

 今日一日そんな哀しみに暮れている

 

彼らのことを蔑む用語にしたり

娘をそんな風に蔑んだり

 

そんな両親を持ったことが悲しかった。

蔑まれたりしたことが悲しかった。

おかしいと感じた。

 

いや自分が全部悪いんだけどさ

車校行かなかったことも

嘘をつき続けたことも

そんなに怒らなくてもいいじゃないか

 

母親は一度免許とるのに失敗した

だからこそ怒っているのだ 、としてもだ

ならば、だ

娘をそんな風に蔑んだりするのは酷くはないか 

 

ということを言っても、きっと彼らは聞き持たずだから言わない

きっと、ヤバイと思って夢に昔の不器用な友人が出てきて、カーブが曲がりきれなくて母の車を川に沈めたことも知らないのだろう。警察を呼ぶにも母親の携帯が色に溺れて出来なくて沈む車をニヤニヤとして父親が見ていた事も。その父親が私にセクハラしてきた事も。

そして目が覚めたら、友人の親が離婚したいと言ってきたラインを貰って泣いた事も。 

 

知ったところで、だろう。

その友人と話し合ってとりあえず目の前のことを頑張ろうと、人間と向き合うことを頑張ろうとして一緒に朝から行く約束をしたのが昨日。

して電話がかかってきたのが昨日の夜。

(その前に、週末お金入れてもらえる日に入ってなかったからまた見捨てられたのかと苦しくなったけれど)  

 

きっとまた私が車校に行ったのは自分の意思ではなく自分が急き立てたからだと思うのだろ。

そのあと父親からまた電話

酔っ払った父親はまだ機嫌がいい方だった 

車校のお金は母親のお金ですからね 

それより自分の携帯が壊れてるのを何とか買い換えたいと

しかも人任せである

私が東京にいる間に地元の携帯ショップに予約しろと

まだ何に買い換えるかくらいはっきりしてから言ってくれ…

 

それよりお前進路はどうするのだと

早稲田か東大の院かと

酔っ払いの世迷い言

母親の「そんな頭があればあんな大学行ってない」との声。

私、一応行きたくてこの大学入ったはずなんだけどなぁ。

父親が母親へ「酒!」と叫ぶ夜12時近く。

明日9時から教習所行くんだけど、と言っても電話をやめてくれず。

やっとやめるかと思ったら、テレビ電話に「私はお父さんほど甘くないからね」と。

 

ああもうそうですかと

言うしかなかった

 

もう何か言っても聞いてくれやしないのだろう

私に身体の弱い兄の代わりに産んだのだとはっきり言う人達だ

私は誰の代わりでもないのにな

 

私が病気になって登校中学校に辿りつけずしゃがみこんでいたら、声をかけてくれたのは特別支援学級に通う同級生の母親だったのにな

あそこで誰にも声をかけてもらえず放置されていたらどうなってたのだろう

もう苦しいな

 

頑張って朝起きて車校に行く。友人も昨日のバイトで非常識なクレームに悩んでいた。誰かのことを思いやれないってとても悲しいことだ。

 

友人に勇気をもらってやっと受付の人に話せた。実習の予約を入れてもらった

 

問題集を借りて、学科教習の勉強をした。問題を解いて、答えを合わせて、間違ったところを何で間違えたのか、合わせて行った。その作業自体は楽しかった。だがだんだんと腹が立って来た。

 

母親や父親の運転を思い出しつつ、解いて行ったら間違えていたものがあった。つまりは、両親の運転は間違えてる。交差点手前で進路変更してたんですが。

乗員の乗り降り安全に考慮せず家のババアが手をかけたところで発進したり。

 

本当に腹が立った。

でも言えない。

言わない、どうなるかわからないから、

といっても自立などできない

私は我が身可愛さに一ノ谷で味方の手足をなぎ払った平氏となんら変わらない

 

 

午後の講義のために帰った。

昼飯を友人と食べ、談笑

ゼミでその日する発表の人(徹夜)に顔色心配されることがあると話したら

友人曰く、お前見てると暗いってのはあるけど、時々空に消えてしまうような押したら倒れそうな、ふらふらと死んじゃうんじゃないかという儚さがあると。

ゼミの先生とか、就職課の人とかにも大丈夫かと言われるのはそれか。

たしかに、まぁそんなツラで佇んでたら邪なおじさんが声かけてくるわけで。

 

死ぬつもりはないから安心しろ、とはいうものの希死念慮はいつも強い。部屋で日常的に叫んでるのはまだしも、時々どこでも口に出てくる。

 

さっきもコンビニで、バイトに全然来れない人(でも悪びれていないというよりは顔の皮が厚い)がバイト入りたいと言って、恐らくいつもいる外国人店員に金切り声の早口で叩かれているのを見て、死にたいと口走ってしまった。なんだか食欲も湧かず仕方なしにマシンのコーヒーだけを買って帰ってきた。

あのやりとり、レジでやることないのになぁ。と思う心も煩わしいし浅ましいと思った。

 

なんかもう私が消えてしまった方が早いなぁ、と思ったら泣こうと思って、はらはらとこのブログを書いてたら涙も治まってきた。ヒステリー球もなんとか息できるようになってきた。

 

チラシの裏にでも書いとくことを愚痴った

どうか誰も見ても見なかったふりをしてください

 

 私より苦しい人がいると思い込んで自分は恵まれていると思わせるのは本当は何の薬にもならないよなぁ…

 

エルネア王国.9

ゴンサロ兄攻略開始

前回、めでたくゴンサロと別れました。

 

今回はゴンサロ兄の攻略。攻略中に結婚しなくてよかった…今いる交際相手と別れてもらうには課金アイテムを持って話しかけるの他、付き合いたい人間への親密度が交際相手より自分の方が高くないと付き合えないのです。

ある程度親密度をストーカーしてあげてみる。そしてレッツら告白

f:id:tanato46:20171130234050p:image

寝取りならず。

またもや親密度あげてみて、再度告白

f:id:tanato46:20171130234351p:image

またもや失敗。

あれ?f:id:tanato46:20171130234838j:image

 

ゴンサロ兄、恋人消えた?

手持ちから課金アイテムも消えたっぽい

 

何も持たず告白。

f:id:tanato46:20171130235003p:imagef:id:tanato46:20171130235013p:image

告白成功!

成功しましたね

f:id:tanato46:20171201113813p:image

緊張しますね…

 

初デート

f:id:tanato46:20171201113904p:image

ゴンサロとの初デートと同じ神殿前ですね。いい雰囲気

f:id:tanato46:20171211012014p:imagef:id:tanato46:20171211012021j:imagef:id:tanato46:20171211012029j:image

ああ…この前どこかで聞いた台詞だなぁ

 

おまけ

f:id:tanato46:20171211014207j:image

 f:id:tanato46:20171211003414p:image

失恋の定義とは

フィロソフィーを聞いて

amazarashiの新PVをこんな夜中深夜3時に見てしまった。

amazarashi 『フィロソフィー』“Philosophy” Music Video - YouTube 

結論、辛すぎ泣いた。

 

「女子高生×スマホ×哲学」

 

まぁ、私あの現役就活自己分析って何だよなっていうのにぶち当たり女子大生なんで。一応言うと、私の高校生の時入り際は割とクラスのみんなスマホ持ってた世代で(私はガラケーだった)。めんどくさくてLINEやんなかったけど皆やってた。下手すると入学式の前からLINEグループなんて出来てるよ。そんなのには入りたくもなかったし、入れなかったんだよ。遠くで見つめてるだけしか。

 

自分自身amazarashiに出会ったのは高2くらいで、格安MP3に突っ込んで帰り道土手を歩いて1時間、雨の中も雪の中も故郷の山を頭の中に叩き込みながら歩いた人間なので。故郷に決別する気持ちで聴き込んで、『季節は次々死んでいく』を叫び歌って故郷を出てきた人間だから。最低な日々からここまで生きてきて、生きる目的もそんなに無いと気づいてしまったけれど、それでも生きなければ、歩き出してきた人間だから、生きたいんだよ。

 

だからこそ

今回の『フィロソフィー』のPV、感慨深かったよ……

amazarashi変わったなんて思っててごめん…まだまだ絶望の中の希望を歌ってくれていたんだね

 

歌詞を見て更に泣いたし

ありがとうって思えたんだ

嗚呼またamazarashiに生かして貰っている。いや、この立ち上がった両足は私のものだ。

 

もうあの頃の情熱や勤勉さを取り戻せないとしても。

成りたかった自分になり損ねながらも、なりたい自分を見失っても、一応あの地獄から抜け出すという夢は叶えているのだから。それは自分の力であり、意志だったわけだ。

それは過去の自分の功績だが、一応今の自分はその過去の自分と地続きだから、だから

ありがとう。

この歌を食べるよ。食べて私の一部にする。

 

自分自身の

自分の誕生日、誕生日占い

結果は自分を特別だと信じて、それでいてずっと自己否定を重ねて安心して、さもなく負の沼に誰かを引き込んで。現実に帰ってこれない魚座だけど。タイプ4だけど

 

自己認識が欠けていると言われたけれど

 

それでも自分がある限り

生きていくしかないんだよ。

 

それがきっと私のフィロソフィーだ

 

 

よし、ちゃんと朝起きて履歴書書こう

 

 

野山に罪はない

近頃、啄木と牧水のことばかり調べている。

 

調べていると、自分に重なるところが多くて死にたくなる。特に啄木。

嗚呼、自業自得。それを嘆くなかれ

 

穴があれば入りたい。中学時代の担任の

言う通りになっている。文学にハマって抜け出せなくなってる。学業なんて簡単に疎かになる。

神童なんてものは大体高校で堕落する。

 

対して世間と比べたら出来るわけではないのだ。

堕ちるとこまで堕ちてやろうって思っただけだ。

 

今だってあの頃、小学校時代の、夢を見る。親類友人の面影はあの頃のままだ。

 

金遣いが荒い自分を惜しげも無く全面に出す大1の頃。その癖働かないのだからしょうがない。自分が働けないと思い込んで、ずっとかれこれ三年経つ。そんな感じで時を過ごしてしまったらいつの間にか就活だとかいう。ガクチカ思い浮かばねぇよ。成果なんてねぇよ。

ずっと誰かのせいにしてきたよ。

 

そんなもんだよ。

悲しいことかな。大学時代に頑張ったこと?

あの子について行くために必死で動いたこと?友人に隠してずっと個別に付き合い続けていたことか?

部活を1年間だけだが、私は働けないんだからとせめて必死に頑張ったこと?

 

それに対して私は変えたか?

成果を出せたか?

 

別にあの家じゃなきゃUターンしてやるつもりだった。私は誰よりもあの故郷を愛している。愛しているからこそ人を憎んでいる。

啄木の様につぶてを持って追い出されたわけじゃないけれど

帰れることならば故郷に帰りたい

正直隠棲したい

どうせ死ぬのならあの故郷で死にたいがあの墓には入りたくない 

でも、故郷は好きだ。

 

 

おそらく、母もいくらあの祖父と父を憎んでいようが愛しい自分の子である兄の入っている墓に入るだろう。

私は非情なのだろうか。

 

高校時代の大志はどうした

里山の風景の為なら、この身を投げられる。本気でそう思っていた。

 

馬鹿みたい。

 

余程、地元で頑張ってる親戚の方が投げているだろう。馬鹿みたい。

私が出来ることって何だよ

 

あこがれて

あくがれて

 

何だっていうんだよ。

真面目になれよ

もう遅いかよ

そうかよ 

 

野山に罪はないよ

この国の自然に罪はないよ

 

とある智くんの誕生日

そういえば今日はあのクソ野郎の誕生日だ。人生で初めて人間と付き合った日だ。2週間何もしなかったら何も無かったことになってて、三年近く引きずったけれど。

 

あんなクソ野郎好きになるとか、あいつのために泣くとか、あの頃ほんと私おかしかったんだな。

 

父のような人を好きになるというのは、モラハラしてる父でも同じなんですよって、本格的ないじめっ子にデートDVされた私が通りますよ。

みんな気をつけようね。

 

とある智くんはとある国民的アイドルグループのリーダーのことですよ。

誕生日一緒なんだがね

 

ドッペルゲンガー

2年ぐらい前のこと、その頃入っていた部活で知り合った、まったく知らない先輩に「本当にストレート?」と聞かれたことがある。

 

その時、ストレートという言葉を聞いてぱっと理解してなかったけども、よく聞いて見たら要は「貴方はヘテロか」と聞いているようだった。答えは誤魔化しておいた。その時はまだあの子とも仲良くはなかった。過去に思い当たる経験はあったけど

 

どうしてそんなことを聞くのかとその人の話を聞くと、その人の知り合いに私そっくりの人がいて、その知り合いはビアンで声のレッスン(何のレッスンなのかは忘れたが確か両声類系か)をしているという。だからといって、いきなりストレートかと聞くのはびっくりしたものだった。

 

ふむ、私と似た容姿で女性が好きという人がいる。そう聞いて今思えば会ってみたくなる。彼女は一体どんなことを考えてどんな生活をしているのだろう。私はもう完全に自分の恋愛についてのことは諦めているし、二次元なら男性が好きだと思えるので、このまま認識が曖昧でも問題ない。昔の友人の夢をちょくちょく見ることぐらいしか問題ない。あと友人の家に泊まるたびにその友人が言いそうもない内容の悪夢にうなされるくらいしか。

 

話を戻せば、その誰か女の子が好きな女の子は、私にそっくりってことはきっと相当の醜女だし、まずもって彼氏は出来ないだろう。だからといって女性に受け入れられるかといってそうではないだろうから、相当苦労していると思う。

 

その声のレッスンだって、自分を変えようとして、おそらく自分の稼ぎでやっていることなのだろうか。そうしたら、おそらく自分よりかは余程の努力家だ。まず自分で稼げるだけで十分に。

そしたら、誰か好きになってくれるものかな。

 

そんな人とあってみたら私は自信がつくだろうか。

時々、自分とそっくりな人をネット上でブスと検索かけて見つけるんだけども、見た瞬間に嫌になる。悲しくなる。

自分にそっくり、…嫌だ。

 

私は正直、外れている人を見かけるとイライラするのだ。同族嫌悪

性別が女だけって人間を見ると。

そんな外れている人間が、バイトしているとか聞いたりバイトしているところを見るとやるせなくなって来る。接客業だと尚更。なんかもう私は消えたい

誰かがこの記事読んだら何様だよって思うかもしれないが、自分が一番そんな想いにかられている。

他人の想いなぞは見えないし、それに無闇矢鱈に怯える癖がついてしまって、いつからか正常なんてわからない。普通さえ憎んでいる。

普通に恋バナしてる女子高生だって、私は嫌っている。蔑んでいる。

 

もう嫌だって思うのにも

周りを変えるよりは自分が消える方が早いなって思うような 

 

私は子供を産みたくない。

こんなガキが産んだところで、人間に育てられる気がしない。

祖父母に虐げられる父親を間近に見てきたから、虐待の連鎖は怖いほど知っている。正常が分からなくなる。

 

ってそんな、親からの承認関連の授業で過去の事を精神ゴリゴリ削りながらレポート書いていったら、先生に授業中に発表されて高評価貰ってしまった…

ちゃんと過去の過ちに対して自分が反省しているって言われた。

 

そんな、

私は父親や祖父母の価値観の中で生きていたがために最低な人間であって、友人を全員失っただけの事ですよ。

 

今も全然ダメ人間だったが、あの頃よりかは米粒程でもマシな人間になってるとは自分でも思ってるよ。でも相変わらず最低な人間のままだから、だからあの子ともあんなことになった。

 

あの授業はこのブログ初めてすぐの頃だった。多少の卑下は入ってるでしょうよ。

 

相変わらず私は最低な人間なんだよ。

 

こんな人間が社会で生きていけるのだろうか。